忍者ブログ

染物と宿の中島屋の日々

「染物と宿の中島屋」は九州の中心の熊本にて染物工房と宿を楽しく営んでおります。      ゲストハウスやバックパッカーズホステルタイプの安宿をお探しの方には最適です!      和風宿で格安!      宿泊して、染物の体験ができる、一風変わった染物宿です☆      ろうけつ染め、絞り染めなどで、あなたのオリジナルTシャツやスニーカーを自分で作る体験もできますよ☆      伝統にとらわれない自由な染師です。       お気軽にお問い合わせください。       詳しくは公式ホームページまで☆      「染物と宿の中島屋」Dyeing and Hostel NAKASHIMAYA
03 2017/04 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13 1516 17 18 19 20 2223 25 27 28 2930 05

04/14/22:29  今日の熊本城 2017/4/14

熊本城は染物と宿の中島屋の屋上テラスからよく見えます。

今の熊本城の横には少し前から大きなクレーンが立っています。

 

そして、

いよいよ、

天守閣の修復に着手され始めました。



よく見ると、

大天守の最上階に足場が入っているのが見えます。



今後は5月のゴールデンウイークが終了したのち

大天守の上部から下に向かって徐々にシートで覆われていくそうです。

次にシートが外されるのは2019年の予定です!

そして、

今夜14~15日の朝にかけてと

明日の15~16日の朝にかけて

朝日が昇るまでずっとライトアップされ続けます!



これからも熊本城の変化をお伝えいたします☆

シートで覆われる前に熊本へ遊びにお越しください (^^♪

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

PR

02/07/19:41  待ちに待った阿蘇山噴火警戒レベルが安全な1になりました!

本日、

気象庁より阿蘇山の噴火警戒レベル引き下げの発表がありました!

一番噴火の可能性が低い

『 レベル1 』

この日を首を長くして待っていました!

レベル1になると、

噴火口の中を誰でも覗き込める場所まで行くことができます!



しかし、

長い間火口周辺は閉鎖されていたため、

今日のレベル引き下げと同時に開放ではなく、

観光客受け入れの準備が整ってからのオープンのようです。

画像は閉鎖前の火口周辺ですが、

もしもの噴火に備えてシェルターも整備されています。

普段は休憩所のベンチとしても自由に使えます。



活発な中岳第一火口周辺には

昔は噴火口だったクレーターなども多く、

散策コースとして楽しめます!



草原で有名な阿蘇ですが、

火口周辺には

砂千里と言われる

火山灰で覆われたエリアがあったり、



不思議な岩があったり



別世界が広がります!

そんな阿蘇のすべてを安全に楽しむためにも

常に火山を多くの調査機関が

異変がないか監視されていますので阿蘇山は安心です!

噴火警戒レベル1が末永く続き

美しい阿蘇を皆さまに満喫していただ来たいと思います ♪



今後の阿蘇山火口見学などの情報は

随時こちらのホームページから確認いただけます。

阿蘇山火口規制情報 http://www.aso.ne.jp/~volcano/


熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

02/05/20:03  高評価をいただきありがとうございました!

皆さんは旅行をするときに

宿泊先の予約はどのようにされますか?

最近、

世界中の宿泊施設の予約が簡単にできるということで、

国内外のお客さまが多くご利用いただいている

「 Booking.com 」という宿泊予約サイトがあります。

そんな ブッキングドットコム さんですが、

毎年、

ご宿泊されたお客さまから寄せられたクチコミに基づき

10点満点中、

8点以上の宿泊施設を表彰されます。

そして、

気になる染物と宿の中島屋は

昨年末時点で8.8点!

「 Guest Review Awards 2016 」をいただきました ♪



そして、そして、

同サイト内の

熊本市の人気ホテル20軒 』(クチコミ12274件)

熊本市のホテルランキング『 2位 』(2017/2/5現在)

大変ありがたく思っております☆



そして、

ここ数年8.8点の高評価をつけて頂けるお客さまに感謝いたします。

 

ただ、

染物と宿の中島屋は

トイレやシャワー室など部屋に付いてなかったりと

決して設備の充実した宿泊施設ではありません。

それでも『 ここに泊まって良かった 』

と、言っていただけるお客さまに支えられております。

これからもできる限りのおもてなしで

皆さまをお迎えさせていただきたいと思います☆

追伸

本日8.9点になってました(嬉)

 

次のアワードの2017年末まで日々変動するとは思いますが、

今後とも染物と宿の中島屋をよろしくお願いいたします。

クチコミいただきました寛大な皆さま、

そして、

染物と宿の中島屋をご利用いただきました全てのお客さま

本当にありがとうございました (^^♪

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

01/27/22:32  現代アート表彰していただきました!

熊本には中心市街地と言う好立地に

熊本市現代美術館があります。

今月の前半はスタジオジブリの展示があり、

本当に大賑わいでした!



そして、

ジブリのあとは、

明日1月28日~2月12日まで

熊本アートパレードが入場無料にて開催されます☆



熊本で作品制作をしている方の作品が

今回は269作品展示されています!

そんな中、

染物と宿の中島屋からも1作品

新作を搬入いたしております。

それが光栄にも

入選20作品の中に選ばれ、

表彰いただきました!!!

 

そして、

今回の審査をしていただいたのは、

日本を代表する現代美術作家の一人

ヤノベケンジさんより(ヤノベケンジWikipedia

この作品について講評をいただきました。

------------------------------------------------------------
審査員講評 審査員 ヤノベ ケンジ
タイトル《包-つつみ-》は、
とても気になる作品でした。
ミニチュアの布団のようであり、
また染物の工芸的な作品にも思えました。
『包み込む』というのがおみやげのイメージに通じ、
様々なことを想起させてくれる作品です。
------------------------------------------------------------



なんともビックリです!

出品に際し、

染物のことも宿のことも

何の情報もお伝えしていないのに、

審査員講評の中に

「 布団 」に「 染物 」のワードが入っていて、

まさに染物と宿の中島屋を見抜かれた衝撃でした(驚)

まっ、

私共の作品はさておき、

熊本市現代美術館は

熊本の中心市街地の中央に位置しておりますので、

観光でお越しの際は

入館も無料ですし面白いところだと思います!

立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

熊本市現代美術館公式ホームページhttp://www.camk.or.jp/

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

12/15/19:22  薪で沸かすお風呂屋さん幕を閉じます(12月30日迄)

時代とともに少なくなりつつある熊本の銭湯ですが、

城下町エリアに残る最後の一軒の銭湯があります。

昭和12年の創業以来、

熊本の天然地下水を薪で沸かし続けている

『 菊の湯 』さんです!



地震で被害を受けながらも、

直後より被災してお風呂に入れない方に無料開放され、

大行列ができていました。



やはりそれでも地震での被害は深刻なようで、

2016年12月30日をもって営業を終了されるとのことです。



染物と宿の中島屋から徒歩6分と近く、

ご宿泊のお客さまがいつも嬉しそうに

「 銭湯に行ってきました ♪ いいお湯でした ♪ 」と、

お話していただけるのも

あと半月ほどで聞けなくなるのは大変残念です。



今が最後のチャンスです!

薪で沸かしたお風呂に入りませんか?  

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ