忍者ブログ

染物と宿の中島屋の日々

「染物と宿の中島屋」は九州の中心の熊本にて染物工房と宿を楽しく営んでおります。      ゲストハウスやバックパッカーズホステルタイプの安宿をお探しの方には最適です!      和風宿で格安!      宿泊して、染物の体験ができる、一風変わった染物宿です☆      ろうけつ染め、絞り染めなどで、あなたのオリジナルTシャツやスニーカーを自分で作る体験もできますよ☆      伝統にとらわれない自由な染師です。       お気軽にお問い合わせください。       詳しくは公式ホームページまで☆      「染物と宿の中島屋」Dyeing and Hostel NAKASHIMAYA
08 2017/09 23 4 5 6 910 12 14 1617 18 19 20 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09/21/21:27  安全のための消防点検!

夏休みもひと段落ですが、

染物と宿の中島屋では

年に一度の消防設備点検をおこなっていただきました☆

もしもの時のために、

全ての機器が正常に作動しているか

ひとつずつチェック!



『 異常なし! 』

今年も消防局へ無事に報告できました☆

これで一安心です (*^-^*)

熊本城の見える安いゲストハウス「染物と宿の中島屋」
image1103.jpg





PR

09/15/22:32  飾り馬に来ていただきました♪(本祭延期)

前回のブログでご紹介いたしましたとおり、

藤崎八幡宮秋季例大祭の飾り卸で、

縁起物の飾り馬が染物と宿の中島屋へ来ていただきました☆



中島屋のある新町の団体の一新会の皆さんのお囃子に合わせ、



飾り馬も元気に舞っていただきました (^^♪



お泊りのお客さまも迫力ある演舞に見入っていました!



そして、

本祭は9月17日とお伝えしてましたが、

台風接近に伴い

2017年10月9日(月)へ延期となりましたのでご注意ください。

皆さまのお越しをお待ちいたしております☆

熊本城の見える安いゲストハウス「染物と宿の中島屋」
image1103.jpg





09/13/22:38  中島屋に馬が来る!

夏も終わり、

秋の風が吹き始めた頃、

染物と宿の中島屋の前を

祭りばやしの笛・太鼓と共に

牡丹の山車や、



獅子舞が通り始めると、



いよいよ、

熊本で一番活気溢れる祭

『 藤崎八幡宮秋季例大祭 』が始まります!

通称、馬追祭と言われる通り、

熊本の中心市街地をたくさんの団体が馬を筆頭に

大音量のラッパや鐘、太鼓と共に

ドーカイ!ドーカイ!の掛け声が朝から晩まで続きます!

本祭は2017年9月17日ですが、

既に街中で飾り馬に遭遇することができます!



実は、

祭りの前に幸福を招き入れるという馬と一緒に

個別に訪問していただき、

楽団に合わせた馬の演舞を披露していただけるのです!



そして!

染物と宿の中島屋にも

9月15日の朝一番に飾馬一新会の皆さんにお越しいただきます!

9月14日からお泊りのお客さまは

宿の前で祭りを貸し切りで見ることができますよ (^^♪

写真は前回の様子ですが、

馬の背中に神様が乗ると馬は暴れると言われ、

暴れる馬が良しとされています!

ですので、

観客も馬が来たら逃げる準備をして見ないといけません!



熊本の祭は迫力満点で面白いですので

ぜひ見に来てください☆

お待ちいたしております!

熊本城の見える安いゲストハウス「染物と宿の中島屋」
image1103.jpg





09/11/21:51  うまい!陣太鼓ソフト!

熊本に観光でお越しのお客さまが必ず足を運んでいただく場所、

そうです! 『 熊本城 』 ですね☆

現在は熊本地震被害の修復作業中ですが、

それでも毎日多くのお客さまがいらっしゃいます。

大変ありがたいことです ♪(*^▽^*)

その、

熊本城内にある 『 桜の馬場城彩苑 』 と言う

昔の街並みが再現されているエリアがあります。

熊本城の歴史を楽しく学んだり、

レストランやお土産屋さんも沢山あります!

その中のひとつをご紹介いたします☆

『 香梅案 』 さん

熊本の銘菓 陣太鼓 で有名なお菓子の香梅さんのお店です。



もちろん普通にお菓子の香梅の商品を購入することもできますが、

店内の半分以上のスペースに休憩できるようベンチが置いてあり

購入したものを店内でも食べることができる親切設計!

そして、

昼間はまだ暑い熊本にはこちら!

小さい陣太鼓がまるごと一個分入っている

『 陣太鼓ソフト 』



ソフトクリームの中に、

クラッシュされたあの陣太鼓のあんこ!

そして、

食べ進めていくともちろん入っています!

陣太鼓の中に入っていると言えば、

もちもちの求肥!

こんなに陣太鼓とソフトクリームが相性がいいとは知りませんでした!



暑い日の熊本城では

今後絶対食べると思います(笑)

新しい熊本名物になること間違いなしです☆

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

09/08/23:10  熊本なのに朝鮮飴!

熊本の中心市街地には3つのアーケード街があります。

その中のひとつ上通アーケードを抜けて、

屋根がなくなってもまっすぐ歩いていると、

左手に歴史がありそうな建物が見えてきます。



中に入ってみると

タイムスリップしたかのような店内です!



そして、

こちらで販売されているものと言うのは、

熊本銘菓 『 朝鮮飴 』 です!



もちもち食感であま~い味です (^^♪

とっても美味しいですよ☆

そして、

気になるのが園田屋さんの店名の上にある家紋!



「 桔梗に蛇の目 」

これは熊本城を築城した加藤清正の家紋です!

お店の方に聞いてみたところ、

園田屋さんは熊本城よりも古いとのことで、

元々は、「 長生飴 」として販売していたもので、

熊本城を築城の際から、

製造する全ての飴を城中買い上げが明治維新まで続いたそうです!

参勤交代などでは献上用のお土産としても持っていかれてたそうで、

加藤清正公もかなりのお気に入りだったのでしょうね!

そんな長生飴がなぜ朝鮮飴になったのかと言うと、

美味しいうえに、

日持ちも良いので、

加藤清正公が挑戦出兵の時にも持って行き、

保存食として活躍し、

これを記念して朝鮮飴に名前も変更されたそうです。

ですので、

朝鮮から伝来したというわけではなく、

熊本の名物です!!!



熊本にお越しの際は

加藤清正公も食べていた朝鮮飴をご賞味ください☆

熊本城の見える女性専用のゲストハウス「染物と宿の中島屋」ホームページ
    

   NEXT >>>